HOME > 診療案内 > 予防歯科

診療案内

予防歯科

人間の歯は多くの人が80歳までに多数の歯を失っていると言われています。
近年、日本においても予防を重視した歯科医療は広まりつつあり、
歯科医院の役割は、治療から予防へと徐々に変化しています。
生涯にわたって健康な歯を維持していただくために早期発見・早期治療を心掛けることはもちろん、
いかに日々の生活の中でしっかりケアし、定期的に予防することができるかが重要になってきます。


PMTCとは

PMTCとは、プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング(Professional Mechanical Tooth Cleaning)の略で、日本語に直訳すると「歯科専門家による機械的な口腔の掃除」という意味になります。
歯と歯の間や、歯と歯茎の境目、歯周ポケットなど、自分ではケアしにくいところや、歯面に付着したバイオフィルム、タバコのヤニなどを徹底的に掃除し、歯面をきれいにします。


健康な歯を長く残すためには、
予防歯科が大切です

予防歯科のメリット

早期発見・早期治療が可能

予防歯科に取り組み、定期検診で早い段階で虫歯や歯周病の原因を発見し適切に治療することで、むし歯や歯周病が進行してしまう前に早期治療ができ、歯をより健康な状態に保つことにつながります。

通院回数が減る

予防歯科に取り組む場合、定期検診のため定期的な通院を数ヶ月に1度するだけですみます。

一方定期検診を受けずに症状が進行した状態ではじめて歯科医院を訪れると、治療で数回にわたり通院する必要があります。

歯の寿命が延びる

むし歯になり歯を削って治療すると、むし歯は治っても歯はダメージを受けています。治療した部分からむし歯が再発し、繰り返し治療して最終的には歯を失ってしまう事もあります。予防歯科で歯の健康にしっかり注意していくことで、年齢を重ねても健康な歯が残るよう、歯の寿命を延ばすことができます。

治療費が抑えられる

予防歯科に取り組む場合、むし歯などになったとしても、定期的に検査をうけているため進行してしまっていることが少なく、大掛かりな治療を行うことはほとんどありません。そのため治療費を結果的に抑えることができます。進行したむし歯や歯周病の治療には高い費用がかかる場合があります。


\ワンポイントアドバイス/

毎日の歯磨きだけでは虫歯や歯周病から歯を守りきることはできません。もちろん毎日の歯みがきは大切ですが、それだけでは予防としては不十分です。虫歯や歯周病は、なりやすい・なりにくいなどの個人差があるため、あなたに合った予防プログラムを実施することが大切です。

虫歯や歯周病予防にはご自身による毎日のプラークコントロールと、定期的に歯科医師が行う歯石の除去などのメインテナンスが必要です。今後の為にも一度、受診してみてはいかがでしょうか。


このページのトップへ