HOME > 診療案内 > 歯周病治療

診療案内

歯周病治療

歯周病は、大切な歯を奪ってしまうだけでなく、全身疾患とも深い関わりがあることがわかってきました。

歯周病菌が肺や血液を通じて全身をめぐり、さまざまなトラブルを引き起こすことがあるのです。
病気の原因を探していたら、なんとそれが歯周病だった...というケースも少なくありません。
歯周病を甘く見ず、予防とともに早期治療に努めましょう。
(心臓病・誤嚥性肺炎・糖尿病・嚥下摂食障害・認知症・不妊症・早産・低体重児出産)


歯周病の進行状態

歯肉炎

歯肉炎は、歯周病になる手前の状態のことで、歯茎にのみ炎症が起きている状態です。痛みはまだありませんがブラッシング時に痛みを感じたり、出血したりすることがあります。

軽度~中等度歯周炎

歯茎にのみ炎症が起きていた歯肉炎とは異なり、歯を支える骨にまで影響が及んでいる状態です。噛んだ時に違和感を感じたり、歯がグラグラし始めます。

重度歯周炎

歯を支える骨の吸収が高度に進行し、歯がつま先立ちのようになった状態です。何も刺激をあたえなくても出血したり、場合によっては膿が出ることもあります。痛みもひどく食事に支障がでるほどで、歯もグラついて最終的には抜け落ちてしまいます。


こんな方は歯周病の可能性があります

  • 歯肉の色が赤い、もしくはどす黒い
  • 歯茎がぶよぶよと腫れている
  • 歯がグラグラする感覚がある
  • 歯肉が疲労時やストレスを感じている際に腫れやすい
  • 歯にすき間ができてきた
  • 歯が長く伸びてきた
  • 歯の表面を舌で触れるとザラザラする
  • 歯を磨くと、歯茎から出血する
  • 起床時に口が苦く、粘り気があって気持ち悪い
  • 歯肉を押すと白い膿がにじみ出てくる
  • 歯の間に食べ物が挟まりやすい
  • 上顎の前歯が出てきた
  • 口臭を指摘された
  • 硬いものを噛むと痛い

歯周病を進行させる要因

  • 喫煙
  • 糖尿病
  • 睡眠不足
  • ストレス
  • 運動不足
  • 遺伝
  • 薬の副作用
  • 女性ホルモンの影響

\ワンポイントアドバイス/

歯周病は重症になると怖い病気ですが、検診などで早期発見をして、軽症のうちに治療すれば決してそんなに怖い病気ではありません。歯周病の治療・予防についてわからないことは、お気軽にご相談ください。


このページのトップへ