HOME > 診療案内 > 小児歯科

診療案内

小児歯科

当院ではお子様の虫歯の治療や予防はもちろん、成長・発育に合わせたお口の管理を行っております。
実際の治療では、お子様とのコミュニケーションを密に取り、緊張を和らげることを努めています。
キッズルームも備えておりますし、治療後のお子様には消しゴムをプレゼントしております。
大切なお子様の口内虫歯ゼロを一緒に目指しましょう。


子どもが虫歯になりやすいのには
理由があります

乳歯のエナメル質が薄いため

大人であれば、固いエナメル質で歯がコーディングされてますが、子供の乳歯はエナメル質が薄く、永久歯の半分程の厚さしかありません。そのため、虫歯になると進行が早くすぐに神経まで達してしまいます。

口腔内に糖が増えやすいため

もともと奥歯は汚れが溜まりやすい部分です。大人に比べ、子供はお菓子を食べる頻度も多いですし、顎も小さいため歯ブラシが奥歯まで届きづらいです。また、奥歯の構造も原因で表面に小さなミゾがたくさんあるため汚れが溜まりやすいです。

乳歯は神経の割合が大きいため

永久歯と比べて乳歯は神経が占める割合が大きいです。これは、歯の生えかわり時に乳歯の根を溶かす作用をするためで、一度虫歯が進行して歯が溶けだすと神経に達するのが早く、そのぶん痛みも出やすくなります。


子供の歯を護るために

テキストが入ります。

テキストが入ります。


クリーニング

普段の歯磨きでは歯ブラシが届きにくい部分にたまった食べかすやバイオフィルムなどを除去し、虫歯予防を行います。口内環境を清潔に保つことで、口臭予防にもなります。

歯磨き指導

お子様の歯に合った歯ブラシの選び方や歯並びの特徴、磨きの残しの多い場所などを丁寧に指導致します。正しいブラッシングや仕上げ磨きの仕方などを学んでいただきます。


その他の取り組み

ご褒美の消しゴム

テキストが入ります。

キッズスペースも完備

テキストが入ります。


\ワンポイントアドバイス/

子どもの大好きなおやつ。5歳ぐらいまでのお子様なら、1回のおやつに約200kcalが適量と言われています。お菓子だけではなく、果物や野菜、おにぎりなどもおやつになります。気になるのがジュースですが、果汁ジュースやスポーツドリンクなどを飲ませるご両親は注意していただきたいのですが、糖分が多く含まれているため、虫歯になりやすいというリスクがあります。就寝前に飲むことを避け、日中でも時間や回数をきちんと決めて飲ませるようにしましょう。


このページのトップへ