HOME > 診療案内 > 抜歯治療

診療案内

抜歯治療

親知らずは、厄介者というイメージが強く、すぐに抜歯を思い浮かべるかもしれませんが、まっすぐ生えていてまわりの歯に悪影響を与えていない場合にはそのままにしておくことがほとんどです。ブラッシングがきちんとできることや、親知らずだけでなくそのとなりの歯のむし歯と歯周病の発症リスクが低いことも大切です。

しかし痛みをともなったり、ほかの歯を押して歯列を乱すおそれがあったり、周囲の歯と咬み合っていない場合などはやむを得ず抜歯が選択されます。


親知らずQ&A

親知らずってなんですか?

親知らず(おやしらず)とは、大臼歯(大人の奥歯)の中で最も後ろに位置する歯であり、第三大臼歯が正式な名称で、智歯(ちし)とも呼ばれています。親知らずは、前歯から数えて8番目にあり、永久歯(大人の歯)の中で最後に発育します。親に知られることなく生えてくる歯であることがその名前の由来だと言われています。

親知らずはいつ生えてくるの?

親知らずは別名18歳臼歯とも言われ、生える時期は10代後半から20代前半と言われています。時期は人それぞれであり、中には生えてこない人もいます。

親知らずは抜いた方が良いの?

生えてきた親知らずを必ず抜かなければならないという事ではありません。親知らずには、抜いた方がいい場合と、抜かなくてもいい場合があります。

抜かなくても良い親知らずとは?

『上下で噛み合ってる』『虫歯や歯周病になっていない』『歯磨きがしっかりできる』などの場合は、無理に抜く必要はありません。また、人によっては他の奥歯が虫歯や歯周病などで抜かざるを得なくなった場合に親知らずを『移植』できる可能性もあります。

抜いた方が良い親知らずとは?

『しっかり噛むことができない』『歯磨きが十分にできない』『斜めに生えている』『歯並びに影響を与えそう』『虫歯や歯周病になっている』などの場合は、口腔内に悪影響を及ぼすか可能性が高いので抜いた方が良いです。


\ワンポイントアドバイス/

「親知らずの抜歯は痛い」というイメージが根強くあるようです。しかし、実際は抜歯の際には麻酔が効いていますので痛みを感じることはほとんどありません。また、親知らずを抜く場合は若いうちがおすすめです。それはまだ親知らずのまわりの骨がやわらかく抜きやすいからです。女性の場合は妊娠中の抜歯を避けるために妊娠前に抜くことをおすすめします。

一度歯科医院を受診し、どんな状態にあるか診てもらうことをおすすめします。


このページのトップへ