HOME > 診療案内 > 虫歯治療

診療案内

虫歯治療

虫歯治療は、通常患者様が歯科医院に通院した際によく受ける歯の病気全般の治療です。

虫歯(う蝕)とは細菌による感染症で、口腔内にいる細菌によってつくられた酸により、歯が脱灰する現象です。
脱灰の程度によって治療方法が異なってきます。


虫歯の進行状態

C1:初期の虫歯

虫歯の初期で、エナメル質に進行した状態。神経までは到達していないため痛みはなく、処置次第でC0に戻る可能性もあります。

C2:虫歯が歯の内部まで進行

う蝕がエナメル質の奥の象牙室に達した状態で、飲食時にしみて痛みを感じます。詰め物の型を取る必要があります。

C3:虫歯が神経まで進行

歯の神経である歯髄にまで達した状態で、飲食歯髄の先が膿んでしまい、飲食時以外でも痛みを感じます。状況によっては、炎症部分と神経を取り除く必要もあります。

C4:歯質が失われた状態

神経が壊死してしまい、痛みも感じなくなった状態。病巣が血管にまで入り込み、腎臓病などの重大な疾患を引き起こす危険性があります。


\ワンポイントアドバイス/

お口の病気に共通する特徴として、自覚症状が出るまでに時間がかかるという点があります。虫歯も例外ではありません。虫歯が歯の神経(歯髄)まで達すると、冷たいものや熱いものがしみたり、何もしなくても痛みを感じたりします。 この段階になって初めて歯科医院を受診される方も決して少なくないのですが、これは虫歯のステージでいうと末期の状態です。治療期間は比較的長期にわたることが多く、また何より、神経を抜いた歯は長い目で見たときに様々なトラブルに遭いやすいことが判っています。虫歯治療の原則は早期発見・早期治療もしくは早期発見・長期観察です。 もし症状がなくても歯科医院を定期的に受診しましょう。そして不幸にして虫歯が見つかった場合でも、観察もしくは簡単な治療で通院を終えられるようにしましょう。


このページのトップへ